MAGGOT BRAIN

サイトウ シンによる製作日記 完成写真、日記は親サイト"Witching Hour"にて。 リンクよりどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャラホビ2016 その9

更新あいちゃいました。

イベント参加の夏は毎度そうなのですが、
夏休みはひたすら複製作業。

今週末で完成見本もメドついてきたので更新です。

まずは1/400 ビグロ
近藤版のブランとして作成しています。

blan0821_1.jpg
blan0821_2.jpg
blan0821_3.jpg

塗装はダークグリーンに赤マーキングでロシアっぽさを狙ってます。

販売数は15個、
7000円のつもりでしたが、パーツ数が少ないこともあり、
6000円にて販売いたします。
ラベル類は7000円のままですのでご注意ください。

blan0821_4.jpg

こちらは参考展示の1/400ドムとザク。
このサイズはやっぱり楽しいですね。

次は1/400キャトル。

catle0821_1.jpg
catle0821_2.jpg

内臓はこんな感じ。
catle0821_3.jpg

こちらも15個販売。
5000円です。
茶色のモノトーンはしんどいですね。
すごく単調になっちゃいました。
アクセントでくさび形文字みたいなマーキング入れています。
前時代のメカをイメージ。

最後はZグスタフです。

gustav0821_1.jpg
gustav0821_2.jpg

こちらも15個販売。
6000円です。

モノアイがでかいのでパッと見ガザ系みたいな顔。
その下にガンダム顔があるっていう面白いデザインです。

今回のC3、結構近藤メカが出るみたいですね。
今後もこのくらい版権が降りていただけると、
往年のイベントみたいで面白くなるなぁ。

そんなわけで8月28日 C3マーケット
G−17 Witching Hourでお待ちしています!


  1. 2016/08/21(日) 20:17:37|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャラホビ2016 その8

C3マーケット、二次申請結果きました。

・キャトル  販売可
・ビグロ   販売可

ここまでは読み通りです。
そんなわけで申請前から表面処理も含め、
本腰入れて進めていた次第です。

今回はさらに・・・

・Zグスタフ   販売可

!?!?
驚きの結果です。
ここ数年、毎年ダメもとで申請はしていたものの、
通るわけない、くらいのつもりだったのですが。

今後はこういったファジーないアイテムも通るようになるんですかね。
そうなったら面白いですね。
昨今はかなりのマイナーアイテムでもバンダイから発売されていますので、
こういった隙間を残していただけるとC3ももっと盛り上がってくるんじゃないでしょうか。

そんなわけで仕上げ作業、急ピッチで進めています。

楽しくなってきました。


gustav0703.jpg


  1. 2016/07/03(日) 15:21:43|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャラホビ2016 その7

ぼちぼち二次申請時期も近づいてきたこともあり、
GW中、なんとか左右共通パーツの複製まで完了させました。

そんなわけで全体像でも。

まずはブランです。

blan0506_1.jpg
blan0506_2.jpg

いい感じです。
後ろのドム、F2ザクはガンコレのポーズ変更です。
キャラホビ当日もこんな感じに展示の予定です。

次はキャトルです。

catle0506_1.jpg
catle0506_2.jpg

ディテールなどは小林誠先生の作品集などを参考に入れています。
なかなか不気味なキャトルになってきたかな。

今後は各部品の精度UP作業に入ります。
ここからは大きな変化はないので更新は牛歩に戻ります。



  1. 2016/05/06(金) 20:49:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャラホビ2016 その6

GWですね。
キャラホビ2次申請にむけて
空いた時間は原型進めています。

とはいえ、細かいところや面出し、
スジ彫り調整がメインの作業なんで、
あまり見栄えのする写真も撮れないんですが…

blan0502.jpg

せっかくなんでブランの80年代風ディテールの現状です。
勢いで作った適当メカパーツを基準に、
エポパテ、ハンダ線、極細糸ハンダ、銅線、エナメル線などでパイピングしています。

何回か作ったものをひっぺがしてやり直しなどし、
ようやくまとまってきた感じです。

こういった作業の参考に昔の鎌田勝さんの原型、写真などを参考にしましたが、
改めて氏の作品はすごいですね。
しかも今のようにマテリアルが選び放題の時代ではないので、
基本的に馬パテのみで作っているはずです。
すごい。

綺麗な表面処理+塗装が尊重される時代になるにつれ、
ああいった作風は時代遅れになっていってしまいましたが、
WEB、SNSの進歩など、多様な作風が尊重される昨今、
改めて評価されるべきモデラーさんのように思います。



  1. 2016/05/02(月) 18:15:47|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャラホビ2016 その5

あまり見栄え変わりませんが、
キャトル、ディテール中心に結構いじってみました。

catl02.jpg
catl01.jpg

写真が生活感丸出しですが…

小林誠先生の作品集などを見ながら
チクチクちまちまやってます。
この辺の作業、本当に楽しい。

ちなみに、別途進めていたハイザックですが、
今回は断念することにいたしました。
方向性が定まらず、自分らしさも出せなそうなので…
もしも楽しみにしていた方がいらっしゃったらすみません。
またの機会ということでご理解ください。


  1. 2016/04/24(日) 21:43:13|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

サイトウ シン (defutura)

Author:サイトウ シン (defutura)

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。