MAGGOT BRAIN

サイトウ シンによる製作日記 完成写真、日記は親サイト"Witching Hour"にて。 リンクよりどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HGUC Zガンダム その2

暑い・・

我が家も今年は節電モードでして、
例年にくらべてエアコン使用は控えています。

なんかいろんなとこから聞こえてくる情報では
節電しなくても電気供給は十分に賄えるだの、
関西電力に売れるくらい、東京電力では電気が余ってるだのいわれていますが、
ほんとのところはどうなのかわからない。
川上で情報を操作されてたらだれにもわからないし。

疑ったり、勘ぐったり、あんまりいいことじゃないけど、
そうならざるを得ない。
国民対国、消費者対供給者
こういう部分でのだましあいなんて、本当はいらないはずなのに。
いつからこんな関係になっちゃったんだろ。
俺が気づいていなかっただけで、ずっと昔からこうなんだろうなぁ。多分

ちなみに我が家の節電は
原発云々ばかりが理由ではなく、
責任をうやむやにする電力会社にお金を払いたくないがゆえの節電です。

さて、暑い中暑苦しいこと書いちゃいましたが
Z、こんな感じです。
z.jpg
おおむねの基本色は塗装完了です。
あんまり汚しをいれず、このまま仕上げる予定です。
来週末には完成かな。

ちなみにゲゼも順調です。
この夏はキャラホビ前にライブ、レコーディングが予定されているんで、
巻きで進めます。

heavy rotations "outer limits" voivod
"samla mammas manna" samla mammas manna
"shadows of the past" sentenced


  1. 2011/07/18(月) 10:13:53|
  2. プラモ改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC Zガンダム その1

ゲゼのほかにこんなの作ってます。

HGUCZ1.jpg
HGUCのZガンダムです。

イメージソースは近藤和久先生の「ジオンの再興」に出てくる
量産型Z。
「ロールアウトZZ」にて今風にアレンジされた
近藤量産Zを見て、作りたくなっちゃいました。

実は結構前からいじってまして
いまでは細かい改造箇所を把握していません・・・

ちなみに近藤Zといえばスマートガン。
HGUCZ2.jpg
当然作ってます。
で、このほかメガランチャーなんかも装備すると
HGUCZ3.jpg
フル装備。このごちゃごちゃ感、気に言ってます。

もうぼちぼち塗装に入れそうです。
週末には塗り始めたいなぁ。

heavy rotation "in the wake of poseidon" king crimson


  1. 2011/07/13(水) 21:25:40|
  2. プラモ改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MGドム完成

いきなりですが、
MGドム完成しました。

mgdom1.jpg
mgdom3.jpg

改造箇所としては、
胴フレームで3mm延長、それに合わせて外装の調整、
スカートはフロント、サイドは10mm延長、リアは20mm延長して
近藤感をアピール。
その他、ヘルメット形状の変更(フランジ形状追加)、
首が肩に埋まるように各種調整。
最後に脛、スカートにエポパテでツインメリットコーティング追加。
1/100のドムとなると面が広くて間が持たないんで・・・

ちなみにコーティングはポリパテ+ブレードでもエポパテ+ローラーでもなく
懐かしのエポパテに精密ドライバーでのスタンプ。
手間かかるけど、上がりのばらつき感はこれが一番理想的です。
1つの面にも何回かに分けてコーティングするなど、
巨大面をイメージしています。

塗装に関しては、いつも通りではあるんですが、
まずラッカーで基本塗装(ダークイエロー、関節グレー、武器、胸なんかのアースカラー)。
続いてリキテックスで塗り分け、1次~2次ドライブラシ。
リキテックスって非常に発色のいいアクリル絵具です。
アクリルなんで、無臭なうえ、軽くドライブラシしても効果が出る発色の良さ。
ちなみに水やアクリルシンナーで溶いてエアブラシ塗装も可能です。

こんな小色セット使ってます。
これだけあれば
たいていの色は混色で賄えます。

で、次に油彩で色を乗せていきます。
リキテックスがいわゆるドライブラシにてエッジ中心に色を乗せたのに対して、
油彩では全面に色を延ばしてフィルタリングしていきます。
このとき、無臭ペトロールなんかで薄めるんですが、
ドライブラシのときほどはしゃぶしゃぶにしません。
一か所においた油彩を全体に広げるように筆でこすっていきます。


こちらもこんなセットが一つあればOK。
ちなみに油彩って非常に乾燥が遅いです。
それを生かして全体に絵具を延ばしたりできるんですが、
一気に固着させたいときはラッカーの艶消しクリアを吹きつけます。

すると筆ムラも若干とけこんで、落ち着きます。

で、その後メタルカラーなど、
それでしか出せない色を足して完成です。
あ、墨入れも油彩でやってます。
リキテックスドライブラシ後、墨いれ~フィルタリングって流れです。

そんなこんなで久々MG完成。
つぎは何つくるかな。

heavy rotation "superunknown" soundgarden
  1. 2011/07/02(土) 19:49:31|
  2. プラモ改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気まぐれに

こんなの作ってます。
IMG_5556.jpg
MGドムです。
以前のネモ同様、昔に素組みしてほったらかしていた状態から
仕上げていってます。

既に結構いじっちゃってますが、
MGドムってかなりの名作キットと思ってます。
発売前後、いろいろと物議をかもしましたが、
結果として「不明確なプロポーションのMSにプラモが答えを出す」最初だったように思います。
ちなみにその後、同じような流れを踏んだキットとしては
HGUCジオ、アッシマー、マラサイ、MGザクVer2かなと。

こういったエポックキットってその後のキットに影響を与えるものでして、
HGUCドムも名作だったのも、
MGジオがHGUCそっくりだったのもその流れかと。
同時にバンダイとしても自信もってるんだろうなぁ と。

そういう目線で最新のRGザクを見ると、
MGザクVer2とは違う感じ。
あれ、バンダイ的にはVer2にそんなに自信もってないのかなぁ。
もっと自信もっていいのに・・
といいつつ買ってないけど。

heavy rotation "uzed" universe zero



  1. 2011/06/26(日) 22:44:40|
  2. プラモ改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネモ その1

こんにちは。サイトウです。

先日のギラズール、ジムスナ以来、
プラモに凝ってまして、
こんなもの作ってます。

nemo1.jpg
MGネモです。
発売当初に購入して素組みのまま放置していたんですが、
引っ張り出してきていじってます。

顔が違いますね・・
ネモ→レッドウォリアーとして作ってます。

TV Zガンダムで、
エゥーゴのジャブロー進行の際に、
ちらっと赤いネモが映っているらしいです。
おそらくセルの着色ミスなんですが、
こっからイメージを膨らませて、
クワトロ(シャア)用にメーカーで好意でチューンナップされたネモが送られたが、
過去を隠すクワトロには受けいらなかった不遇の機体が存在した、
なんて勝手なIF設定で作ってみました。

で、赤いガンダム系というと、
やっぱ、大好きなレッドウォリアーに振りたくなるじゃないですか。

nemo2.jpg
nemo3.jpg

レッドウォリアーの記号として、
ショートシールドと肩バーニア、バズーカは欠かせないんで、
その辺を新造しています。
顔は昔の電撃ホビーマガジンおまけのヘイズルヘッドを使用しています。

nemo4.jpg
ちなみにネモヘッドも再現可能です。
いっきに弱そうになりますね。

heavy roatation "seconds out" genesis
  1. 2010/09/19(日) 14:11:39|
  2. プラモ改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

サイトウ シン (defutura)

Author:サイトウ シン (defutura)

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。