MAGGOT BRAIN

サイトウ シンによる製作日記 完成写真、日記は親サイト"Witching Hour"にて。 リンクよりどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グレイベルゼルガ その2

GWも終盤ですね。

このGWは大掃除したり、山のぼり行ったり
ライブ行ったりであまり模型に専念できませんでした。

とはいえ、一応ベルゼルガとギャンの塗装が上がってます。
・・・残念ながら両者ともう~んな仕上がり。

なお、ブランは断念しました。
思ってた以上に未完成でまだまだ先が見えないので・・・

さて、ベルゼルガ、
いまいちな上がりとはいえ、せっかくなんでUPします。

塗装前にグレイベルゼルガについて考えてみました。
というのも、それによって塗り方が変わるかとおもうんで。

グレイベルゼルガって設定では「金属地肌」にて
塗装が施されていないとのこと。
これって、オーナーのロッコルが入手した時点で
①「塗装が為されたものを、なんらかの理由ではがした」のか
②「あらかじめ塗装の為されていなかった」のか。

迷った挙句に②の方向性で以下のように塗ってみました。
クエント人のロッコルが金属塗装を必死にはがしている、①の方向性も考えにくいので。
ちなみに①の方向性で各所に基本塗装の残ったグレイベルゼルガもおもしろそうですが。

で、鉄の表現ですが、
いわゆる「銀ピカ」ってのはこの機体には合わないように思うんで、
黒ずみや錆が浮いた状態を目指してみました。
目標はたたき上げの中華鍋風外観(?)
(あくまでもATが鉄で出来てるって前提ですが・・)

greyberzerga4.jpg
まず、サフ後に油彩で黒をちょいちょい置いていきます。
これを面棒なんかでランダムに油彩をはがしてから
艶消しラッカーでコーティングし、メタルカラーアイアンでドライブラシ。
エッジにはメタルカラーステンレスを乗せ、
さらに油彩で錆を描きます。
(塗装やメッキのされていない鉄なんで、かなり錆は浮くはず。
 ロッコルさんは試合前に常々錆落としをしてたんだろうなぁ。)

greyberzerga5.jpg
で、こんな感じ。

なんかきれいすぎるんでさらに同じ工程をもう一回。
ちなみにライフルは汎用品を使っているとの設定で通常のベルぜルガ塗りわけ。

greyberzerga6.jpg
greyberzerga7.jpg
で、完成です。
なんか汚すぎるかも・・
鉄っぽさも微妙・・

とはいえ、とても楽しい塗装でした。
楽しきゃいいってもんでもないですけどね。

heavy rotation "live in USA" king crimson


スポンサーサイト
  1. 2011/05/07(土) 23:48:11|
  2. ボトムズ(ブルーナイト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

サイトウ シン (defutura)

Author:サイトウ シン (defutura)

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。