MAGGOT BRAIN

サイトウ シンによる製作日記 完成写真、日記は親サイト"Witching Hour"にて。 リンクよりどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マジックスカルプ強制硬化

まさかの4日連続更新です。

昨日、一昨日とファニーデビル作ってる中で、
「そういえば今まで書いてなかったな・・」なんてことがあったんで、
覚書。

いつもマジックスカルプを強制硬化させるとき、
「余熱無しの100度10分」と書いています。
単純にマジックスカルプを固化させるだけなら、
もっと高温で短時間でもありだと考えていますが、
実はこの温度設定には理由があります。

第一の理由は
パテを混ぜ合わせるときに気泡が入る可能性が高いんで、
高温で焼くと気泡の膨張、破裂がありえるから。
その点、この温度設定ならまず大丈夫。
ただし、10分経過直後はまだ固化していません。
10分経過後の余熱(5分くらい庫内で放置)も硬化に必要です。
つまり、15分くらいで固化させる最低限の熱条件ということになります。

第二の理由は
「盛りつけられる材質」にあります。
通常、マジックスカルプを盛りつけて庫内に入れる材質として、
プラモ、おもちゃ、レジンなんかが挙げられます。
レジン(ポリウレタン)は熱硬化樹脂なんで、もともと耐熱が高く、
この程度の温度なら変形など起こしません。
(応力条件によってはその限りではありませんが。)
問題はプラモ、おもちゃです。
ちなみにプラモ、おもちゃもプラスチックで出来ていますが、
実は材料がことなります。
あくまでも一般論ですが、
プラモはポリスチレン、おもちゃはABSで出来ていることが多いです。
(最近のガンプラではABS部品も多いですし、
 塩ビを使ったおもちゃも多いんで一概ではないですが。
 ちなみにアクティックギアはほぼABSのみで出来ています。この辺も好き。)

ポリスチレン、ABSともプラスチックの中で、
熱可塑樹脂に分類されます。
要するに熱をかけるととける材料です。
この「とける」っていうのが難しくて、
厳密には分子が運動を開始する温度域(乱暴に言うと軟化する温度域)、
液体状になる温度域の2種の温度域(融点)があります。
前者はガラス転移点と呼ばれて、
この温度を超えると形状を保ちつつも軟化を開始します。
例を挙げますと、チューインガムなんかに使われる
ポリ酢酸ビニルというプラスチックは
ガラス転移点が30度程度です。
だから店頭では板状で売られていても
口に入れると体温で軟化するわけです。

ポリスチレン、ABSのガラス転移点はそれぞれ
100度、120度です。
プラモ改造の際、100度以上の温度をかけると
軟化してしまうのです。
ただし、応力がかかっていない限り、
「余熱無し、100度10分」程度では大きく軟化することはありません。
若干軟化しても、形状を保ちつつ固化し直します。

ちなみに応力がかかっていると、
その部分はやられます。
たとえばポリキャップの受けなんかは、
ポリキャップから反発の力を受け続けている部分なんで、
そのままガラス転移点を超えれば、受けが広がった状態で固化しなおし、
ゆるゆるになっちゃいます。

ABSであればまず大丈夫ですが、
余熱をかけたりすると、庫内の位置によっては、
120度を超える場合もあるらしく、若干の変形が起こったりします。

そんなわけで、「余熱無し100度10分」が理想的なのです。
※ただし、薄いポリスチレン部品の場合、余熱なしでも
 やられたりします。この場合は常温硬化もしくはエポパの使用が理想的です。

以上、覚書でした。

heavy rotation "outrage" outrage





スポンサーサイト
  1. 2011/04/25(月) 22:48:29|
  2. 工具、材料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

サイトウ シン (defutura)

Author:サイトウ シン (defutura)

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。